To find out about the nearest WAMGROUP Subsidiary explore Global Network
  • Discover WAMGROUP
  • Global Network
  • News & Events
  • Careers Worldwide
  • Suppliers

ボールバルブ VSS

高い費用対効果
遮断バルブ装置 のためにこの製品の詳細情報

製品紹介

ボールバルブ 1
ボールバルブ 2
ボールバルブ 3

開いているとき、ボールセグメントバルブはアンオブストラクテドクロスセクションを提供します。結果は、自由な材料の流れです。上部から見て、他のいかなるフリーフローバルブも全体の寸法が小さい状況を示しません。ビン、ホッパー、サイロ、処理装置、または原料の空気式搬送からの流動性が悪い材料の流れを遮断するために、VSSボールセグメントバルブの使用は、最も適切な選択と考えられます。VSSボールセグメントバルブは、実質的に全ての業界で使用することができます。

材料の流れを通してフルボア
材料の流れを通してフルボア
食品仕様アプリケーションを含む全ての業界で実質的に使用可能
食品仕様アプリケーションを含む全ての業界で実質的に使用可能
在庫から出荷
在庫から出荷

仕様

概要

ボールバルブ(VSS型)は、SINT エンジニアリングポリマーで裏打ちした、シールとしての機能がある炭素鋼またはSS鋼ケースで構成されています。SINTポリマー製の、クロージングセグメントのシールとなめらかな仕上げの組み合わせによるバルブは、完璧な防塵性があります。クロージングセグメントは、長期間作動した後に密封効率を再形成するために、高さを調整することができます。

ボールバルブ

紹介

ビン、ホッパー、サイロ、処理装置、または原料の空気式搬送からの流動性が悪い材料の流れを遮断するために、VSSボールセグメントバルブの使用は、最も適切な選択と考えられます。

蝶形バルブと違って、ボールセグメントバルブは開いたとき、アンオブストラクテドクロスセクションが提供されます。

その結果は自由な材料の流れです。上部から見て、他のいかなるフリーフローバルブも全体の寸法が小さい状況を示しません。VSSボールセグメントバルブは、実質的に全ての業界で使用することができます。

仕様

  • 全体の寸法が小さい、シンプルな設計、部品が少ない
  • SINT エンジニアリングポリマーライニング付き炭素鋼またはSS鋼製バルブ本体
  • SINT エンジニアリングポリマー製クロージングセグメント
  • 材料の流れを通してフルボア
  • 短い処理
  • 標準または食品仕様アプリケーションに適切:微細、研磨材粉末状から粘着性原料まで
  • 調節可能なシャフトシール
  • 低摩擦操作
  • 様々な原料および粒径に適応可能
  • 手動、空気式、電気起動装置
  • 特許権を取得

特性

  • 研磨材原料の簡単な操作
  • 長期の作動期間の後でさえ、シーリング効率の再形成が可能
  • 食品仕様アプリケーションを含む全ての業界で実質的に使用可能
  • 高度な耐摩耗性がある
  • 取り付けおよび維持が簡単
  • 在庫から出荷

マルチメディア

資料ダウンロード

ここでは、以下製品の関しての資料を全てご覧になれます。他言語については「

カタログ

VSS_0912_EDIT.pdf
前号: 9月 2012
English, French, German, Italian
コード: WAM.03060
VSS_0912_RU_EDIT.pdf
前号: 3月 2019
French, German, Italian, Russian
コード:
Per scaricare manuali tecnici di prodotti e ricambi, esegui il login con il tuo username e password.

仕様書やパーツリストなど技術的な資料をダウンロードする場合は、ユーザー名とパスワードでログインしてください。 もし、アカウントをお持ちでない場合は、こちらをクリックしてください
GDPR 2018年5月25日、新しい一般データ保護規則(GDPR)が、全EU加盟国で施行されました。私たちが、欧州法に基づいて、どの様にプライバシーポリシーを調 整したか、チェックしてください。

利用者の利便性を向上し、ニーズに合わせたサービスをご提供するため、このサイトはクッキーを使用しています。これには他社のクッキーも含まれます。このバナーを閉じる、このページをスクロールする、表示されている要素のいずれかをクリックすると、クッキーの使用に合意したと見なされます。クッキーについて、またはその設定については、次のセクションを参照してください。
プライバシーポリシーとクッキー